親孝行になれば、「命名」を・・・。

投稿日: カテゴリー: ご成婚者様の声幸和ダイアリー

先日、ご成婚女性さんが赤ちゃんを連れて、ご来社下さりました!

 

 

H27年ご成婚 Mさん  前橋市   38歳

 

妊娠中に一度、お母様とご来社下さりましたが、赤ちゃんを見るのは初めまして!で、とても可愛い男の子でした。

3年前、お母様が当社にお電話下さり、「娘の結婚の件で・・・」と何度かご相談下さったのがキッカケで、数カ月後、さんが当社で婚活をスタートされました。

 

お母様は早くに旦那様を亡くされ、おひとりでMさんを育て、ご入会前のご相談の時も 「私の事を心配しているのか?結婚の話はなく、娘には早く結婚して幸せになって欲しいのですが・・・」と娘さんの事を想っていたのを思い出します。

 

Mさんもお子さんが生まれ、母親の大変さ、母親に対しての感謝の気持ちがさら増したとお話し下さりました。また、結婚式、そして孫の顔を見た時、母が涙ぐんで喜んでいたのを見て、親孝行ができたかな?と・・・。

 

 

さらに、息子さんのお名前を お母様に命名 してもらったそうです。

命名の件、旦那様は快く理解して下さった様で、夫婦で5つ位案を出し、それをお母様が決めたそうです。

 

 

 

最近、世間では悲しい事件を多く耳にしますが、Mさんとお子さんがご来社下さり、昔からある変わらない幸せの形をお伝え下さり、心がホッコリしました。。。 ありがとうございました。

またご家族、お母様とご来社下さるのを楽しみにしております!