なかなかご縁に結びつかない人の共通点とは、

 

ご成婚者やご交際が順調な方の共通点はよく考えていますが、

一つは利己(自分の利益)ではなく、利他(周りの人の利益)を考える人

であること。

もう一つは論理的ではなく、感情的、気持ち重視であること。

 

簡単に言うと、その逆が、良い出会いにならない人の共通点なのかも知れません。

 

よくあるのが、ご自身がお相手をお断りする時、お相手とご交際をストップする時は

そのお断りの理由やお相手と悪いところを明確に伝えられるのですが、

いざ、自分がお相手にお断りされたり、ご交際をストップされたりした時に

「何で?どうして?」と自分の至らなかったところやお相手が違和感を感じていたことなどに

気付かない人がいます。

 

確かに何が悪いのか?わからずにお断りされるのは納得がいきませんし、

改善したいと思うものです。

 

そんな時、よく質問するのが、

「〇〇さんがお断りしてきた方には、どんな理由でお断りしましたか?」

「その中にお断りされた理由があるのだと思いますよ。」

 

「お相手は鏡」とよく言いますが、自分が感じたお相手との違いが、

また別の方からすれば、その違いは自分自身なんですね。

 

情けは人の為ならず・・・人に感謝や優しくすることが、巡りめぐって自分に返ってくる。 

 

その逆で、自分の事だけを考え過ぎてしまい、周りの人の事を考えて行動していないと

いざ大切な人と出会った時に、それが相手に伝わってしまう。

 

プラスの連鎖も負の連鎖も、回りまわって自分自身に返ってくるものです。

日々の出会いの中で、大切に思う気持ちを持って人と接する事が

この人!と思える人と出会ったときに、そのお人柄が必ず伝わると思います。

 

すいません、、、私も思ったことを、書きとめず、そのまま書いておりますので

何が言いたいのか?伝わらないことも多々あると思いますが、

伝えるのがヘタクソではありますが、日々伝えることで少しずつでも伝わって頂ければ

嬉しく思います。