自分を出すと言うことは「弱さ」を・・・。

よく、お見合い後に、会員さんから

「緊張してなかなか自分を出せなかった・・・。」  「緊張しすぎて居心地が悪かった・・・」  「お相手がどう思ってくれたか?不安・・・」 

そんな意見を聞くことがあります。

 

 

 

 

 

そんな方に限って、 自分をよく見てもらいたい。 自分の良い所をみせるのに必死になっていたり。 普段の自分を隠したり。。。

疲れてしまうのも無理はありません。。。

 

自分を出す とは、「弱さ」をみせる ことでもあると思います。

でも、いいなぁ~と思えた人と出会えた時こそ、「弱さ」を隠したくなるものです。

 

自分の弱さを知ってもらうことが、とても重要なことだと思います。完璧だと思っている人はいないですし、自分の弱さ(弱点)を知ってもらうと言うことは、お相手に人間らしい印象を与えられます。

また、弱さを見せられることで、お相手も同じように(弱い部分)をみせてくれると思います。そこに、お互いの弱い部分を認め合うこと。ができ、そこから信頼関係、恋愛関係、大切な人になって行くのだと思います。

 

 

 

 

 

ご成婚なった方のエピソードを聞くと、

お互いに惹かれる面と同時に、「お互いの弱さ」を認め合っている。 と感じます。結婚に限らず、自分を認めてくれる人 って、とても大切な存在です。そんな人との出会いは、自分から「自分を知ってもらう」ことから始まる様に思います。