親との残り時間・・・

ネットで気になる記事がありました。

誰にとっても「親と会えなくなる日」はいずれ必ずやってくる。

そう考えると、一生のうちに親と会える「残り時間」について

計算式がありました。

会員さんでも多くおりますが、ご実家を離れ、年に数回の帰省の方など

この式を使って、「親と過ごす時間」を考えてみるのも良いと思います。

 

父親と会える残り時間

平均寿命      親年齢      合う日数(1年間)   一緒に過ごす時間(1日)

(約80歳  ?  〇  歳)  ×   約 〇日   ×   約8時間   =

?

?

 

母親と会える残り時間?

平均寿命      親年齢      合う日数(1年間)   一緒に過ごす時間(1日)

?(約86歳  ?  〇  歳)  ×   約 〇日   ×   約8時間   =

 

?

あくまでも机上の計算ですが、仕事場の方と顔を合わせる時間と比べると

驚くほど短いと思います。

長寿国の日本ですが、親子が一緒に過ごせる時間は

決して多くはないのかもしれません。

当社にも、ご両親がお子さんの事でご相談にご来社下さることもありますが、

「健康でやっているか?心配」 「はやく結婚して家族を持ってもらいたい」など、

お子さんの事を第一に考えているご両親が多いです。

NHK紅白での美輪さんの「ヨイトマケの唄」ではありませんが、

元気な姿を見せること、結婚して家族を作ること、孫を見せることなど

親が喜んでくれる親孝行を考えるのも大切なことだと思います。

 

 

 

?