無条件の肯定的ストロークは○○○ちゃん!

投稿日: カテゴリー: 幸和ダイアリー

 

意味のわからない題名ですみません。。。

ストローク とは聞いたことはある単語ですが、いろんなところで使われます。テニス・ゴルフなどの1打、一振り、 水泳の一掻き、機械の部品の往復運動の1往復・・・など、

9bad19ecf7b5ccf6d6fef630aea73729_s

 

 

 

 

心理学的には 自分もしくは相手の存在価値を認める働きかけ だそうです。

ストロークはいろんな種類があるんですが、大きくわけると、

肯定的ストローク と 否定的ストローク があります。

肯定的ストローク

  ・なでる、だっこ、おんぶ、手をつなぐ、腕枕、握手、ほめる、励ます、許す、

   うなずく、ほほ笑む、拍手 など・・・

否定的ストローク   

   ・つねる、たたく、にらむ、見下す、しかる、見下す、注意する、

    欠点を言う、文句を言う、反対する など・・・

 

さらに、このふたつには、 「条件付き」 と 「無条件」 があります。

条件付き (相手の業績や行為と引き換えに与えられるもの)

無条件 (その人の存在や人格そのものに対して与えられるもの)

・条件付き肯定的ストローク  例)「100点取れば褒めてあげる」

・条件付き否定的ストローク  例)「成績が上がらないあなたはダメな子」

・無条件の肯定的ストローク  例)「勉強ができてもできなくても、あなたを認めるよ」

・無条件の否定的ストローク  例)「何をしようが、あなたを認めない」

この中で、 無条件の肯定的ストロークの人 って、、、。

39504894f1ae242c7b3ce17009ae1840_m

 

 

 

 

私にとっては、 亡くなった おばあちゃん が浮かびました!

皆さんはストロークの種類で 思い浮かぶ人 はおりますか?

ご自身も、無意識に、ストロークの種類を使い分けていませんか?

また、肯定的なストロークを自分が与えても、相手に伝わらなかったり、相手から肯定的なストロークを受けても、気持ちが感じられなかったりする時は、「○○したら、良い人なのに。」「○○できたら、すてきな人なのに。」 こんな言葉を無意識に使っているのかも知れません。 そう、条件付きの肯定的ストロークを。。。 

もし、まわりに 大切にしたい人 がいるのなら、無条件の肯定的ストロークの言葉で伝えるべきだと思います。

「あなたがいてくれるだけで、幸せ」

「あなたが生まれてきてくれて本当に嬉しい」

「誰に対しても、優しく微笑む」

ce66ce1c15972646b666f633d2dab4d1_s

 

 

 

 

私の亡くなったおばあちゃんはそうでした。そのすべてを受け入れて、愛してくれた感覚。大切な人との出会いにも、大事なんじゃないでしょうか?余談ですが、最近、奥さんが私の事を無条件の否定的ストローク(何をしようが、あなたを認めない)的になっているのは、気のせいでしょうか・・・(苦笑)

明石家さんまさんの名言でも

「 生きてるだけで丸儲け! 」 

これは、思いっきり! 無条件の肯定的ストロークって感じですね!

 

rogo1のコピー