結婚相手を極端に例えると・・・。

 

結婚相手・・・。  理想のお相手・・・。

「私はこういう人じゃなきゃだめ!」という理想があったり、また、どうしても譲れない条件もあると思います。それを貫くには、(極端ですがっ)受験で例えると、「合格の可能性20%以下」の学校ばかりを志望して、「その大学は、難しいかもしれない」と先生、友人からも助言されても、絶対に「他は、考えられない」と言い続けるのと同じで、お相手選び、お相手探しと、どことなく似ているように思います。 中には入学できない覚悟で受験に挑む人もいると思いますが、希望の大学に行くには何をしますか? 合格できる様に日々一生懸命勉強すると思います。スポーツでも同じで日々一生懸命練習すると思います。 婚活も、理想のお相手をゲットするためには日々の「自分磨き」が大切です。 またご縁に繋がる自分磨きは、外見ではなく、特に内面(人柄、価値観、思いやり)等が大事だと思います。外見ばかり磨いても、受験にでる科目を勉強していないのと一緒?です。

59928c56fc9b7bde75382e9b2557e635_s

また、頑張って無理をして受かった大学だとしても、それが楽しい学校生活になるか?はわかりません。=背伸びをして、自分の素を出せないで、理想のお相手と一緒に生活をしても疲れてしまうと言うこともあります。

出会いも、恋愛も、受験も、自分で選んだり、悩んだりしている時が一番迷うのだと思います。自身が「これにしよう!」「この人だ!」と選んだ時点で、それを信じ、その中で適応しようとするものなんだと思います。

大学受験も、就活も、婚活も、立ち止まって頭の中だけで考えていても先には進めません。、実際にやり始めてみると、「自分はこういう勉強に興味があったんだ」 「自分はこんな仕事をしたいんだ!」 「自分はこんなタイプの人が好きなんだ」 「自分はこんなタイプの人から選ばれないんだ」 「こういう人とは向いていないんだ」 といったことを実感できると思います。

0c54afed47cf81fdb1e95de9c6628c71_s

当社でご成婚になった方々の ご入会時の希望条件のお相手 と ご成婚されたお相手 とは、大半のカップルが一致しません。 ひとり一人と真剣に向き合う出会いの中で、 「当初思っていた条件とは違うけれど、私はこういう人と合うのかな!」 と、自分に合うお相手について、ほどよくわかってくるのだと思います。

中には逆に、自分の理想や結婚に向き合う中で、自分は結婚に向いていないのでは?と結論づける方もおりますが、それも、もちろん自身で選ぶ選択肢でもあると思いますが、またその大半の方がまたお相手を求めるものです。。。

 

rogo1のコピー