ブランコよりシーソー・・・。

投稿日: カテゴリー: 幸和ダイアリー

 

先日、中2になる娘が、自宅でアニメ映画を観賞しておりました。

私も一緒に鑑賞。。。

「心が叫びたがっているんだ。」 と言う映画。

 

40過ぎのおじさんが見るには、眩しいくらいに輝く青春映画でした。

感動と言うより、人に想いを伝える大切さや時に傷つけてしまう言葉の重み。

恋愛でも、友人関係でも、若い人でも、年配の人でも、

みんな誰もが、 「心が叫びたがっている」 ように思います。

そんな映画の主題歌で、乃木坂46の「今、話たい誰かがいる」

娘が口ずさんでいましたが、ブランコよりシーソー そんな歌でした。

 

 

確かに、ブランコ(ひとり)は楽、自分の思った通りに、自分らしく居られる様に思います。

でも、シーソー(ふたり)は相手がいないと動かない、相手に合わせたり、気を使ったり、

自分らしく居られないと感じる。。。

お見合い、出会いも シーソーなんでしょうね、

それでも、シーソーに乗って、自分らしく居られる相手が見つかった時、

ひとりじゃ感じられない幸せがあります。

62b963a5835d52cc7348a3168512ce20_s

 

 

 

 

 

でも、それを感じるまでには、シーソーの相手を傷付けたり、傷つけられたりする

こともあります。 それでもシーソーに乗り続ける事(諦めない事)が

大切なんだと思います。

「あきらめるならひとりでいいけど、

夢をみるなら君と一緒がいい

話したい誰かがいるって、しあわせだ」 

歌詞にそんなフレーズがありますが、そこなんですね、大事なのは。。。

 

でも、家族と言うシーソーに乗っていると、

たまぁ~に、ブランコにも乗りたくなりますが(苦笑)。。。(たまぁ~に)

59fb7be75be5402d522ba70de81cb308_s

 

 

 

 

 

 

40過ぎのおじさんが、娘とアニメ映画を観て、主題歌を聴いて、

そんなことを思っていると、娘が知ったら「キモッ!」って言われそうですが・・・。

 

何はともあれ、皆さん、楽しいGWをお過ごしください。。。

 

 

rogo1のコピー