人は元気になりたい!から人と出会う・・・。

友人でも、職場でも、お見合いでも、

愚痴や不幸ネタを話す方がいると思います。

慰めて欲しい、共感して欲しい、わかりますが

聞かされる方まで暗い気分になりますし、疲れてしまいます。

特にお見合いの様な出会いは、これから明るい未来や幸せを感じたいのに

暗く、不幸な話しをするなんて、論外ですね。

人はみんな元気になりたい!幸せな気持ちになりたい!

と思うから、人と出会うのだと思います。

 

以前、お見合いの度に、愚痴や不幸な話をするとてもハンサムな男性がおりました。

ハンサム男性は自分の話を聞いてくれる女性に安心感、居心地の良さを感じて

ご交際を希望しましたが、

逆に女性はハンサムに惹かれた気持ちは数分でなくなり、

女性は一緒にいる時間が苦痛で、暗い気持ちになった。

と言っておりました。

ハンサム男性は自己中心的で、お相手が居心地が悪いのを気付かない方でした。

その後、一切愚痴や自分の不幸ネタを禁止し、自分の話は抑えて、

お相手が「笑顔」になる話をするようにお伝えして、会話を変えて行った所、

ご本人自身も変わってきて、愚痴も減り、良いご縁になりました。

 

お相手の立場にたち、「元気になってもらいたい!」と思えば、

そんな愚痴や暗い話はしないと思います。

どんな出会いでも、お相手の立場にたって、元気になってもらう会話を

する事が何より大切なことだと思います。