「してもらう」 から 「してあげられる」・・・。

投稿日: カテゴリー: 幸和ダイアリー

 

 

以前、2年ほど前にご紹介いたしましたが、

九州大で、結婚について学ぶ1年生対象の教養セミナー「婚学」が開講されたとのこと。

 

担当する佐藤剛史助教が、

 

「勉強や就職ばかり気にして、学生時代に「結婚」 「家族」の大切さを

考えないまま将来設計をしているとして、「婚学」の必要性を思い立った。」

 

とありました。

 

 

晩婚化が進む背景に、若者が対人関係を苦手にしていることなど

があるとして、コミュニケーションの能力を磨いたり、

恋愛を取り巻く諸事情も伝授する異色の講座。

 

 

 

 

私も、この仕事を通して、何より大切な授業!だと思いました。

授業として学ぶのも良いですが、

 

「百聞は一見にしかず・・・ 百見は一触にしかず・・。」 です。

 

実際に、異性を感じ、大切な人と出会い、結婚し、家族をもつ事が

何より大切であると同時に、何より自分自身が成長できる事だと思います。

 

 

[tmkm-amazon]4087815196[/tmkm-amazon]

 

 

そんな佐藤剛史さんの言葉・・・。

 

「私が幸せにしてあげる」そう考えて結婚しましょう!

 

「(幸せに)してもらう」から「(幸せに)してあげられる」へ、

考え方一つ変えれば、明日にでも結婚できる!