ご成婚者様の声幸和ダイアリー

諦めないことが一番の・・・。

 

昨日、4年前にご成婚された男性会員さんがご来社下さり、ご結婚後のご状況などお話を聞かせて下さりました。

 

2014年ご成婚  Kさん 41歳 会社員  

 

3年前に新築を建て、その1年後に息子さんが誕生。そして今は神奈川県に単身赴任とのことでした。

「ご成婚から4年間経ちましたが、本当に人生の大きな変換期でした。。。」とお伝え下さりました。

私も4年前のソチオリンピックの羽生結弦選手のをとった日に、ご成婚挨拶にKさん夫妻がご来社下さったのをこの間の様に覚えています。今は平昌オリンピック・・・。本当に歳をとると一年が早い、と言うよりオリンピックが早い!と思います。

 

 

Kさんに、「婚活と結婚を経験して、これからの方へ伝えたいことって何かありますか?」とお聞きしたところ、

 

「私は、彼女(奥様)と出会うまでは、結婚に向いていないのか?と思っていて、できなければできないで・・・。と、あまり期待せずに婚活をしておりました。でも、彼女と出会って、「結婚したい!」と思えましたし、また彼女が「Kさんは良い夫、父になれる人だと思う」と言ってくれたことに、結婚に向いているんだ、とも思えました。

そして彼女と出会って4年。今までの40年近い人生で この4年間が最高の時間になりました。私が言えることは、出会いで自分自身が大きく変わるんだと思いましたし、自分を必要としてくれる人がいるんだと実感しました。婚活の経験を通して、言えることは 諦めないことが一番の近道 だと思います。」 

 

結婚に向いていない = 結婚できない ではないこと。

結婚に向いているか?いないか?は、お相手が決めること。

諦めないこと = 自分を必要としてくれる人に出会える。

と言うことでしょうか、

 

 

あと、2年は神奈川と群馬の生活になるそうですが、「(笑顔で)頑張りますよ!」と伝え下さりました。

Kさんの 頑張りますよ!には、自分だけではなく、言葉にはしませんでしたが「大切な人の為にも」がありました。