褒め上手、認め上手は・・・。

 

相手を褒めること、認めることが上手な人は

ご交際率、ご成婚率がすごく高いです↑↑ (゚▽゚*)

 

日本人は、褒めることが苦手と言われます。

また褒められてもそれを否定してしまうことも。

 

私も子育ての事で、いろいろネットなど調べたりしておりますが

褒めること、認めることが とても大事だとありました。

また日本人は、子供の時に褒められる習慣が少ないと言うこともあるそうです。

褒められなければ、褒めることも、認められなければ、認めることも

できなくなってしまいます。

 

私も子供に良い所を具体的にわかり易く褒めるように心がけております。

 

褒めるということは、

お相手に好感を持ち、よく観察して、よく聞き出し、

長所・美点を心にとめてそのまま伝えること。

そして、自分の観察力や洞察力、聞く力、良いとこ探しを磨くことにもなります。

 

ご成婚になっている方は、皆さんご交際中に

私たちカウンセラーにも、メールやお電話で、

自然とお相手の良い所をたくさん伝えて下さっておりました。

 

結婚相手に限らず、異性同性問わず、

習慣づけて、心にとめて伝えて行くことが

自分の充実感にもつながり、自分に帰ってくると思います。v(‘▽^*)

 

褒め上手になるポイントは

「思ったら、すぐ褒める!」

自然に、なるべく具体的に、

外見も嬉しいですが、出来れば内面を。

 

逆に悪い所は、すぐに目につくものですが、

「思ったら、すぐ指摘!」はいけません、(゚ロ゚;)

 

これができるのは、家族、夫婦、親友など

長い付き合いの関係になってからだと思います。

 

因みに現在私は、1日3?4回奥さんに「思ったら、すぐ指摘!」

されていおりますが、、、1日の食事の回数より多い・・・。(ノ_-。)