心を亡くしている時には出会いはない。。。

 

 

本日、女性会員さんが久しぶりにご来社下さいました。

 

半年ぶりでしょうか?

 

お電話、メールでもなかなか連絡がつかない方だったので

 

心配しておりました。

 

「仕事が忙しくて・・・。」 と言うことでしたが、

 

お会いする度に、いつも疲れている感じで、

 

元気がなく、無理をされているのかなぁ?と

 

とても心配です。

 

 

(りっしんべん)をくして、「忙しい」ですから、

 

確かに心がない時に出会いは難しいものです。

 

一つ一つを完璧に考える方、責任感のある真面目な方は

 

忙しい時に出会いが重なると良いご縁になりそうでも

 

お相手の良さを知る前に、忙しさを理由にお断りしてしまうケースが多々あります。

 

 

逆に、臨機応変、いろいろが重なった時でも、

 

気持ちを切り替えて、出会いを通してリフレッシュできる方

 

忙しさの中でも、ご縁を掴んでいる方が多いです。

 

そんな方は、基本「忙しい」「疲れた」という言葉は、

 

出会いの場面であまり口にしないのだと思います。

 

心を亡くさず、仕事も、出会いも、プライベートもこなしているのでしょう。

 

 

忙しさで出会いを遠ざけている方も、

 

素敵な出会いがあれば、忙しさも感じず、時間も上手に使えるんだと思いますので、

 

そんな 忙しさを忘れさせてくれる出会い を作れるように、

 

当社も頑張りたいと思います。

 

??

「忙しい」と言う漢字の話でしたが、、、

 

ついでにもう一つ!

 

苦難、困難、災難などの、難が無いのが 「無難」

 

反対は、難が有る 「有難」

 

でも、難が多くあることは、有難いこと。(ありがとう)に変わります。

 

「ありがとう」がたくさんある人は、幸せもたくさん感じることができるのだそうです。

 

困難をありがとう、、、苦難をありがとう、、、

 

確かにそう思える人は

 

幸せもたくさん感じられ、周りを幸せにできる人 なんだと思います。

 

それと同時に、良いご縁になるのも「ありがとう」のある人 です。

 

金八先生も凄いですが、(ちょっと古いですが・・・)

 

漢字の語源を考えた昔の人はもっと凄いと思う、今日この頃です。。。

 

 

 

?