かなり欲張りな娘のクリスマス・・・。

 

小学5年の娘 がいるのですが、

まだギリギリサンタを信じているようです。

 

私と奥さんで毎年 試行錯誤 しながら

サンタの 痕跡 を残しているからでしょうか?

 

去年は、子供の枕元にだけでなく、私の枕元にもプレゼントを置き、

自分で置いて、自分で喜んでいました。

 

一昨年は、窓の鍵を開け、少し窓を開けておいたのを覚えております。(かなり寒かったですが・・・)

 

皆さんは いつまでサンタクロースを信じていたでしょうか?

大人になるって、信じること、願うこと、夢を持つこと、

そんなことを少なくして行くことのように思います。。。

 

 

娘の今年のサンタさんへの手紙です。

 

 

 

 

 

頭の良くなる石?足の速くなる石?

洋服、腕時計、そして、お菓子も、鉛筆も・・・。

 

地味なものを、数個なお願いしております。

 

頭の良くなる石、足の速くなる石、それは自分の努力次第なのですが・・・。

楽をしたい年頃なのでしょうね・・・。

 

 

でも、ゲーム機や高級なものを願わないところは、

まさかっ!(娘なりに)サンタが私だって、わかっているのでしょうか?・・・。

 

今年は庭に、サンタクロースの帽子を置いておくか、トナカイの足跡でも付けて

サンタがいる痕跡を残したいと思います。

 

私にとってのクリスマスの楽しみは そこなんですね!

 

大人になるって、

夢を持っている人、頑張っている人、大切な人が

幸せになるように願ったり、応援してあげる事なのだと思います。

 

 

ぜひ、周りの 大切な人のサンタクロース になって頂ければと思います。

?ちょっと早いですが、、、素敵なをお過ごしください。。。