大安の日に親御さんが・・・。

 

昨日は平日ではありましたが、娘、息子さんの 結婚相談 で親御さんが

3組ご来社下さいました。

 

雨の降る中、平日で、 「どうして?」 と思いましたが、

 

一組の親御さんが、 「今日は日がいいので・・・」 と

大安 だったからでした。

 

まだ、ご相談の段階ではありますが、お子さんの結婚、幸せのために

考えている親御さんを見て、

親子って、いくつになっても親子なんだと思いました。

 

よくご両親様のご相談で、皆さんおっしゃるのが

 

「自分がいなくなった時の、子供の事が心配で、、、」

「今一番の願いは、子供が家族を持って幸せに暮らしてくれることだけです」 など、

 

親って最後の最後まで、子供を想うんですね。

 

私も結婚し子供がいるので、今は親御さんの気持ちがとてもよくわかりますが、

親にならないとわからない事でもあると思います。

 

自分の幸せを考える → 他者の幸せを考える へ変わる事は

いろんな キッカケ があるでしょうが、

その一つにあるのが、

結婚し、家族を作ること。 だと思います。

 

親が子に依存する、子が親に依存する、ことは、

この仕事を通しても、特に 過干渉 (過度な子供への干渉) は、

結婚を難しくします。

 

でも、今回ご来社下さった親御さん達の様に

親が子の幸せを願う ことは、ごく自然で、在るべきことだと思いますし

そんな親御さんを  「うるさい、ウザイ」 と思うお子さんの話もよく聞きますが、

そこまで 「想ってくれる人」 がいることに 感謝、幸せ を

感じて欲しいと思います。

 

因みに、小5の娘が最近私に 「ウザイ」 「キモイ」 って・・・

反抗期だと思って、今は笑顔で我慢しておりますが、

何か、奥さんに似てきたようで、心配でもありますが ・・・。