ご成婚者様の声幸和ダイアリー

ご成婚カップルとの雑談。ご成婚の秘訣。想いを伝える大切さ。

先週、ちょうど1年前にご成婚されたカップルがご来社下さいました❗ 

お二人は昨年2月末にお見合い、その後順調なご交際を経て同年6月にご成婚退会されました。

そして、昨年末に入籍され、現在はお二人で高崎のアパートで新婚生活を送っているとのこと。

そんなお二人に 半年以内にご成婚になったキッカケ、秘訣をお聞きしました❗

男性 Yさん 38歳 公務員 

女性 Sさん 36歳 会社員 

男性 : お見合いの時は、よく覚えています。前橋市の某ホテルのロビーで、お互いに時間より15位前に到着して、すぐカフェに移動してお茶をしたのですが、立ち合いに来て下さる予定だった櫻井さんの事を二人して忘れてしまい、ご心配ご迷惑おかけしたのを思い出します。お互いにとても緊張していましたね、

でもSさんとの緊張感は、今までお見合いした方とは何か違う緊張感と言うか?雰囲気がありました。今思うと、お会いした時に「お付き合いしたい!」と思ったから、とても緊張したのかと思います。お見合いの時は面白い話もできず、緊張して真面目な話しかできませんでしたので、お見合い後、幸和さんから「Sさんのお返事はご縁がなかった・・・」と連絡が来るんじゃないかと、不安でした。。。

女性: 私も人見知りな性格なので、お見合いはとても緊張してました。彼の言うように面白い話は一つもなかったですが(笑)、彼の誠実さと真面目さがとても伝わり好印象でした。その場では私も笑顔がなかったので、彼には伝わってなかったと思いますし、楽しくなかったのかな?と思われても仕方ありませんね、私も彼からご縁がなかったと連絡があるのかと彼の返事を待っていましたね。

 

私もお見合いのお返事の件ではとても覚えています。 お二人ともお見合い翌日、翌々日、、、と、お返事を下さらなかったからです。今回のお見合いは、お二人ともダメだったのか❓と思っていたのですが、二人ともが相手のお返事を待っていたんですよね。私からお二人に連絡してお返事を聞いたのを覚えています。その辺り、お二人の性格が似ているところだったのかと思います。

 

男性:交際はコロナ禍であったので、お互いにまめにLINEでのやり取りを多くしてましたが、一度ラインのやり取りで誤解があり、ケンカ?に近い危機がありましたね(苦笑)。そこで誤解を解くため会って話すことになり、お互いに誤解だったこと、今まで聞けなかったことなど、気持ちを伝え合い、そこからすごく距離が縮まったように思います。

入会時に幸和さんからのアドバイス頂いた、メールよりもラインよりも、会うことの大切さ、会って言葉で伝え合うことが何より大切だと強く実感しましたね、

女性:交際は彼がまめに連絡をくれたり、私に負担のない場所での待ち合わせや私の休みに合わせてくれたりと、とても気遣ってくれたことが「とても大事に想ってくれている」と感じました。デート代も彼が毎回出してくれたので、数回に1回は私が出してました。

一緒にいて居心地がいい。 自然と二人のルーティーンができる。 素直に気持ちを伝え合える。 私はそこが在ったことが決め手でした。でも最初から感じられるものではないので、何度かお会いし、相手を知る努力も必要かと思いますね。

お二人のプロポーズは、Yさんの誕生日にSさんがプレゼントを渡した後に、YさんがサプライズでSさん花束とプロポーズ✨をしたそうです。。。

 

大好評につき❗婚活みなおし無料相談随時開催中

ご相談は何度でもOK❗無理な勧誘は一切しておりません、是非お気軽にお問合せ下さいm(__)m

 

友だち追加