幸和ダイアリー

婚活でうまくいかない言動、思考。結婚カウンセラーが感じるベスト3。。。 

今までのたくさんの方の婚活を見てきて、婚活がうまくいかない方の言動や思考ベスト3をご紹介します。またそんな婚活がうまくいかない言動や思考を、出会いを通して変えてご成婚になった方もたくさんおります!

 

第3位は、人と比べる言葉。  「あの人はいいな…」  

隣の芝生は青いとよく言いますが、ひと昔前は隣(近い友人など)の芝生でしたが、最近はSNSなどでの発信で隣どころではなく、日本中、世界中の芝生が青く見えてしまいがちです。しかし私もSNSで発信する経験がありますが「いい話」や「成功例」など発信しますが、「悪い話」や「失敗例」はたくさんあったとしても発信しないことが多いです。私自身のSNSを通して感じることは、SNSの発信は大概が「自慢話」です。SNS=楽しく、明るく、面白くないといけない雰囲気があります。 そこだけを受けとめて、周りと自分を比べるのはナンセンスです。どんなに楽しく、成功しているような人でも、不満や辛い経験はそれ以上にたくさんあります。ただそれを表に出していないだけです。人と比べるのではなく、自分自身のたくさんあるはずの小さな幸せに目を向けることが大事だと思います。

 

第2位は、マイナス思考な口グセ 。「あんなこと言わなきゃよかった…」  

お見合い後や過去の恋愛での言動を後悔して「あの時なぜあんなことを言ったんだろう」「誤解されたらどうしよう……」など、自身の行動や言葉に対してずっと後悔し悩んだり、自分を責めてしまい落ち込んでしまう方がおります。 過去の言動は一度、自分が発してしまったことは取り消せません。また過去には戻れません。相手がどう思うか?どう感じて引きずっているか?それとも忘れているか?それは、自分が考えるべき問題ではありません。 それよりもその後悔を次に活かして、言動や行動を変えて行くことが大事だと思います。失敗と考えるのではなく、次のステップ、自分の成長に繋がっていると考えるべきだと思います。

 

第1位は、今の幸せを実感できない。 「不安で何も楽しくない…」  

お見合いでも、交際中でも、今を楽しめず、喜べない方がおります。お見合いが決まっても、デートしていても、心の中で「どうせこの出会いも長続きしない…」とか「今はいいけど、明日は嫌な仕事がある…」など、自分から嫌なことや不安なことを想像して、「今」の幸せや楽しいことを実感できない。そんな方は先のことを頭の中で妄想して、まだ起きていない不安を自分で作ってしまい、幸せや楽しいことも冷静にとらえてしまう。何事も冷めた気持ちで臨むのではなく、今を心から楽しんだり、幸せを感じたり、喜怒哀楽の喜と楽を自ら作って行くことが大事です。人間の脳は、嬉しいから笑うのではなく、自ら笑うことで、後から楽しくなってくる。

今までの自身の言動や思考は簡単には変えることはできないと思いますが、まずは口グセから見直してみるのも良いかと思います。

 

 

 

 

友だち追加