ご成婚者様の声幸和ダイアリー

何十人とのお見合い。苦い思いが自分の誇り。 群馬県前橋市男性会員さんより 

昨日、男性会員Yさんより、LINEにてプロポーズを受けて頂いたとの事で報告を頂きました。

弊社での婚活2年、それ以前の婚活3年、たくさんの出会いを総括した想いを伝えて下さりました。

 

男性Yさん 38歳 会社員 群馬県前橋市在住。

YさんLINEより 

「お疲れ様です。先日Sさんへのプロポーズですが、無事承諾頂きました!見守って頂き誠にありがとうございました。幸和さんでの婚活、またそれ以前から含め5年間、、、。何十人もの方とお見合いをしてきましたがご縁に至らず、その都度自信を失いかけたことも多々ありました。今思うと、よく腐らずに、諦めずに前に進めたなと自分で自分を褒めてあげたいです。 ~ 中略 ~

お見合いが上手くいかない度に、『ご縁があった時に今までの出会いに感謝できるから前に進んで下さい』』と、励ましを頂き、今その想いを実感してます。ありがとうございました。」 

Yさんの「何十人もの方と、、、。諦めずに前に進めた自分自身を褒めたい、、、」という言葉で思い出した言葉があるのですが、

息子が少年野球をやっていた時、ヒットが打てず泣いている息子にイチロー選手の言葉を伝えたことを思い出しました。

日米通算4000本安打達成した時のイチロー選手の言葉。。。

「誇れることがあるとすると、4000のヒットを打つには、僕の数字で言うと8000回以上は悔しい思いをしている。それと常に向き合ってきたことの事実はあるので、誇れるとしたらそこじゃないかと思いますね」

イチロー選手のような一流選手でも4000回のヒットの為に8000回以上の悔しい思いに向き合ってきた。。。

Yさん良いご縁の為の数十人とのお見合いでの悔しい思いに向き合ってきた。。。  

比べる次元が違いはありますが、失敗から多くを学び、諦めずに前に進む気持ちは同じだと思いました。

婚活もご縁をただ喜ぶのではなく、そこまで至る多くの出会いに感謝し、諦めず前に進んできた自分自身を褒めるのも大事かと思います。

 

 

友だち追加