ご成婚者様の声幸和ダイアリー

オンライン近況報告。 ご成婚夫婦。 群馬県高崎市在住。 

昨日、5年前にご成婚退会された奥様KさんとZoomでのオンラインでお話しさせて頂きました!

Kさんは以前から遊びに寄って下さるとおっしゃっておりましたが、コロナ禍になりご来社が難しくなっておりましたが、1時間ほどオンラインでお話しさせて頂きました。また土日は弊社が忙しいと、お気遣い頂き平日の昨日お時間を作って下さりました。

Kさん夫妻はご成婚後、翌年に長女、その2年後長男を出産され、現在お仕事も退職し専業主婦をされているとの事です。

男性40歳 公務員 女性38歳 主婦 お子さん2人

Kさん 大変ご無沙汰しております。幸和さんを卒業してから5年以上経ち、あっという間の結婚生活でした。私の人生の中でこの5年間は、今までの人生、そしてこれからの人生も含めて、とても大きく変わった時期なのかと思います。結婚、出産、子育てと、幸和さんへ伺う余裕もありませんでした。何より母になったことが私にとって大きい変化です。独身の時の価値観や仕事に対する考え方、周りの人や両親への想いなど、180度変わったことも多々あります。

両親に対しても子育てを通して今まで以上に感謝しています。夫は結婚前と後でも何も変わらない。良いのか?悪いのか?ありますが、何より子供達とよく遊んでくれます。私のことは好きなのか?もわからなくなってきましたが(苦笑)、ほんとうに子どもたちのことは大好きなようで、私が夕食を作っている時にリビングで3人でゲラゲラ笑っているのを見ると、楽しそうで少し嫉妬しますが、それを見ているのが今の小さな幸せです。

婚活時、櫻井さんへ相手に対する希望条件(容姿、年齢、収入、身長、、、その他もろもろ)を挙げましたが、今は「笑顔でいられる家族」の条件一つあれば、何とかやって行けると感じています。

 

私:Kさんの婚活経験から婚活中の方へのアドバイスや一言頂けますか?

 

Kさん:そうですね、私がそうでしたが、自分の希望通りの相手を探し求めて彷徨い続けるのではなく、周りの人の意見を聞き、ご縁があって出会った相手と向き合うことが大事なんでしょうね、それは何も考えず、誰とでも会うということではなくて、自分の中の相手に対しての「こうあるべき」を無くすことだと思います。無くさなくても少なくする努力が必要かと思います。

数年の婚活時は「こうあるべき」が「相手がいない」への結果になっていましたし、「こうあるべき」が今(結婚後)は特に必要なものでもないです。夫は私の中の「こうあるべき」相手ではなかったですが(苦笑)、結婚し家族になり、一緒に「こうあるべき」家族を作っていける人でした。でも難しいですよね、今があるから言えるのかとも思います。。。

 

その他、5年分のご家族のお話をお聞かせいただいたのですが、ここでは省略させて頂き、今回はKさんの「婚活談」をお伝えさせて頂きました。 Kさん、ありがとうございました! 現在主婦という事ですので、落ち着いたら幸和結婚アドバイザーになって頂けたら幸いです。。。

 

 

 

友だち追加