幸和ダイアリー

「泣くな赤鬼」を観て息子が。。。

11月に入り、寒暖差で体調を崩している方も多い様ですが、皆さんくれぐれもお身体ご自愛ください。

 

体調がすぐれない時は、室内でゆっくり映画、DVD観賞がよい時期です。(強引に映画の話に、、、(^_^;))

 

以前、私がおススメの映画、 『泣くな赤鬼』 とくに群馬県民の方に!とおススメしましたが、

再度ご紹介したのは、先日DVDレンタルで借りてきたのですが、この映画に息子と一緒少年野球をやっていた先輩がエキストラで出ているとの事で、息子も一緒に観賞。。。

観終わった後、後ろを振り返ると、中学生の息子が号泣。。。

 

 

地元群馬での撮影、景色、自分(息子)のやっている野球がテーマ、また息子が現在怪我をしていて、高校で野球を続けるか?辞めるか?悩んでいる状況。。。

息子の中でこの映画と自分自身がリンクして、何か「気付き」に繋がったようです。

 

 

主演の堤真一さんも、取材で「自分が出演した映画を観て泣いたのは、もしかしたら、初めてかもしれない」とコメントしていた映画ですが、息子も「今まで観た映画で一番感動して泣いた」とコメントしてました。(一緒にすると堤さんに大変失礼ですが。。。)

若い時期は、いろんなモノを感じ、いろんな経験を通してじていてほしいと思います。

また、エキストラの先輩ですが、数回観たのですが、見つかりませんでした。。。(・・;)

 

 

 

友だち追加