幸和ダイアリー

トイレにゲシュタルトの。。。

9月2日の事、家のトイレに入ると、正面のドアに紙が貼ってありました!

ゲシュタルトの祈り。。。?

 

こ、これはっ! 奥さんが家族に分かる様に貼ったようですが。。。

内容を見る限り、 

「わたしはわたしの人生を生き、あなたはあなたの人生を生きる。

わたしはあなたの期待にこたえるために生きているのではないし、

あなたもわたしの期待にこたえるために生きているのではない。

私は私。あなたはあなた。。。。」

 

まさか、りっ、離婚!?

 

 

奥さんに「ゲシュタルトの祈り」のことを恐る恐る聞いてみると、

「子供達に、考えて欲しくて」との事でした。

奥さんいわく、

わたしはわたし。→ 何かの犠牲になるのではなくて、自分を大切に自分らしく生きて欲しい。

あなたはあなた。→ 他人を尊重することが大事で、他人は自分の思い通りには動いてくれないこと

もっと自分らしく在って欲しいという思いだったようです。。。

奥さんは、今、産業カウンセラーの資格取得の勉強をしていて、出てきたのが「ゲシュタルトの祈り」だったようです。

 

 

世の中の多くの夫は、これを見て、ドキッとすること間違いないです。 

少なからず、私が『ドキッ』と感じた意味も、奥さんには(私に対して)少なからずあるのかと感じますが、、、。

 

でもでも、人間関係に苦しんだり、悩んだり、辛い思いをしている人には、

私は私。あなたはあなた。誰かの期待にこたえるために生きているのではない。 

もっと自分を大切に、自分らしく在ってて欲しいと思います。

 

 

 

友だち追加