幸和ダイアリー

「魔性」も「天使」も、紙一絵、、、

先日の5日、「南海キャンディーズ」の山里亮太(山ちゃん)と女優の蒼井優さんの結婚報告の記者会見をみました!

相方のしずちゃんも一緒に3人でのとても温かい笑顔のある会見でした。

その中で蒼井さんに「魔性」という単語がありましたが、私は知りませんでしたが、蒼井優さんは、これまで「魔性の女」「恋多き女」などと表現されることも多かったようで、多くの交際や噂があったようですね、

私の自論ですが、そんな過去のお付合いの経験があったから、山ちゃんとの出会いに確信がもてたのかなと思います。また、交際2カ月のスピード婚だったようでね、お見合いでご成婚になるカップルと似ていますね。

 

多くのお見合いを経験し、その中で「この人っ!」と思った人と、短期間でご成婚になる。お見合恋愛に似ているように思います。

 

「魔性の」という表現がありましたが、私は逆で、素直で裏表のない人人を好きになるのが早い人好きな人に好きって表現できる人、なんだと思います。

逆に、交際していた男性が「結婚」をまだ考えられなかったり、悩んでいたり、結婚願望が無かったり、だったのかも知れません。

会見で、山ちゃんが、「好きかなとなった時に告白した。」と告白前から、ちゃんと結婚の意思を伝えようとしたことが、蒼井さんにとって、今までの出会いにない、確信になったのかと思います。(あくまでも私の自論ですが・・・)

 

「魔性のような・・・」は「天使のような・・・」 紙一絵なんだと思います。 

その人とどう向き合うか?で、「魔性」にも「天使」にもなります。

 

また、山ちゃんの告白で、「蒼井さん、僕と付き合ってみます?」に、山ちゃんの自信の無さ、シャイで優しい人柄、大切にしたい気持ちが伝わってきて、とても好感が持てました。

皆さん、想像して下さい。。。

逆に、イケメンでモテる、自分に自信のある人が同じに「蒼井さん、僕と付き合ってみます?」は何か違った感じになりませんか?

言葉にも、その人の持っているものが伝わるものです。

ある人には「魔性のように」みえても、ある人には「天使のように」みえる。山ちゃんにとって蒼井さんは最初から「天使にしか見えていなかった」んだと思います。 (あくまでも私の自論ですが、、、これでスピード離婚されたら困ります。)

また、お二人が自然と安心して出会えたのは、二人をよく知っている、相方のしずちゃんの紹介だったからだと思います。

 

 

山ちゃんなら!優ちゃんなら!と、お二人の人柄や性格を知っているしずちゃんの紹介だから良いご縁にも繋がったのだと思います。

またこれもお見合いに似ていて、私達カウンセラーがしずちゃんの立場、条件だけでなく、お互いの人柄、性格を知った上で、「この二人なら!」と思い、お見合いのセッティングになります。 そんな出会いは、ご縁の確率が高く、ご結婚まで早いです。

 

 

最近は嫌なニュースが多いですが、山里亮太(山ちゃん)と蒼井優さんの結婚は、婚活中の方のみならず、たくさんの方々に感動と勇気、幸せで温かい笑顔をくれたように思います。

 

 

おめでとうございます!!

 

 

友だち追加