幸和ダイアリー

滋賀県大津市の交差点事故。。。

”大津市大萱(おおがや)の滋賀県道交差点で8日、歩道の園児ら16人が衝突事故に巻き込まれて死傷した事故で、乗用車で右折する際に軽乗用車と衝突した52歳の女が、県警の調べに「前をよく見ていなかった」と説明していることが、捜査関係者への取材でわかった。県警は、直進してくる軽乗用車に注意を払わずに右折したことが事故につながったとみて調べている。

 事故は8日午前10時15分頃に発生。発表では、女が運転する乗用車が交差点を右折する際、対向車線を直進してきた軽乗用車と衝突した。軽乗用車は弾みで歩道に突っ込み、信号待ちをしていた近くのレイモンド淡海(おうみ)保育園の園児らをはね、伊藤雅宮(がく)ちゃん(2)と原田優衣ちゃん(2)の2人が死亡し、2歳の男児1人が重体となったほか、13人が重軽傷を負った。”   読売新聞オンラインの記事より

 

一昨日から多くのメディアで、この交通事故のニュースでいっぱいです。虐待の事件もそうですが、幼い子が亡くなるのはほんとうに辛いです。。。

私も二児の父親です。今回の事故のニュースを見て、自分の子供達の2歳の頃を思い出し、言葉も行動も喜怒哀楽も、いろんなことができる様になる時期で、一番大変ではありますが一番可愛い時期だったと思います。

亡くなられたお子さんのご両親、ご家族のことを思うと、言葉になりません。。。煽り運転や高齢者の交通事故、そして今回の痛ましい事故。。。

 

 

運転手を責めたり、叩きたくなる気持ちや保育園の対応はどうだったか?を追求したい気持ちもすごく分かりますが、それよりもこの痛ましい事故から、自動車を運転者の皆が、加害者にならないように常に危険であることを意識して運転すること。が大切だと思います。

 

昨晩は家族でこの事故の話をし、自転車を利用する子供達に、被害者ではなく、歩行者に対する危険運転で自分自身が加害者になること。命は戻らないこと。たくさんの人が悲しむこと。を家族で話し合いました。

何より思うのは、もっと生きたかった命のためにも、命を大切に、精一杯生きることが大切なんだと思います。

身近で通いなれた道など、私自身もう一度再確認して、自らの運転を見直すようにし、充分に安全運転を心がけようと思いました。そんな風に多くの運転者が思う事が、交通事故で亡くなった方に私達のできる最大のことではないでしょうか?

雅宮ちゃんと優衣ちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。

 

 

友だち追加