幸和ダイアリー

重力と呼吸。。。

Mr.Childrenの最新のアルバムですが、先月、今でもメールのやり取りのあるご成婚女性さんが、私にプレゼントしてくれました!正確には私達夫婦にですが・・・。(またプレゼントしてくれた理由は後日ブログでお話させて頂きますm(_ _)m。)

Kさん、ありがとうございました!

 

 

Mr.Childrenも25周年。私達夫婦の出会いから今日まで、思い出には必ずMr.Childrenの曲あるように思います。

アルバム「重力と呼吸」の中で、SINGLESという曲の中の歌詞です。

「守るべきものの数だけ 人は弱くなるんなら 今の僕はあの日より きっと強くなったろう」

とあるのですが、私はずっと守るべきものがある人が強いと思っていましたが、桜井さんの詞はまた違った視点で、守るものがない、ひとり(孤独)は強いと言っています。孤独は、辛い事、悲しい事から、強くなっていかないと、ひとり(孤独)でいられないと言う事なのでしょうか? 

また、 「楽しいのは今だけ 自分にそう言い聞かせ 少し冷めた感じで 生きる知恵もついたよ」

と言う歌詞もあります。

そう言えば、私自身も 喜怒哀楽 を隠し、冷静に物事を見ていた時期がありましたが、確かにその時は孤独でしたし、周りの喜怒哀楽がうっとうしく感じていました。強かったと言うより、強がっていたんだと思います。

孤独、ひとりで強くならずに、是非、守るものを増やして、弱くなることをおススメします。

守るものがある人は強い!と言っていた私ですが、この曲を聴いて 守るものがある弱さ」が幸せでもるのだと感じました。

 

重力呼吸。。。  生きている間、つきまとうモノ、必要なモノ?  悲しみと喜び? ですかね?