幸和ダイアリー

英BBCが選んだ21世紀最高の映画100本・・・。

映画のお話。。。

すみません、趣味のお話になってしまいますが、先日英BBCが選んだ 「21世紀最高の映画100本」が発表されました。

調査したのは、新聞や雑誌でコラムを持つ映画評論家や、ウェブベースの評論家、教育者や映画館長といった世界各国の映画のエキスパート177人。だそうです。

サイトで発表された100位から順に題名を見て行ったのですが、映画好きな私(自称)でも半分以上が観ていない映画でした。。。

そんな中で、私が昔、とても印象に残っていて、何度も観た映画 「マルランド・ドライブ」がなんと第一位でした!

 

10. 「ノーカントリー」

9. 「別離」(2011年)

8. 「ヤンヤン 夏の想い出」(2000年)

7. 「ツリー・オブ・ライフ」(2011年)

6. 「エターナル・サンシャイン」(2004年)

5. 「6才のボクが、大人になるまで。」(2014年)

4. 「千と千尋の神隠し」(2001年)

3. 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」(2007年)

2. 「花様年華」(2000年)

1. 「マルホランド・ドライブ」(2001年)

(GIZMODO hpより)

 

これは嬉しかったです。「マルホランド・ドライブ」は周りの人にススメておりましたが、「意味がわからない」「難解すぎる」など、(確かに何度か観ないと理解できなかったですが・・・)あまり評価は得られなかったのですが、、、。今回のBBCの評価に、間違っていなかった!と思えました。 また4位に日本映画の「千と千尋の神隠し」がランクインしておりました。

 

 

 

 

 

21世紀はまだまだありますが、これからも心揺さぶる映画を期待します。

ランクインした映画で、まだ観ていない映画も沢山あったり、観たのに内容を忘れてしまった映画など、、、今年の夏は猛暑になりそうなので、外出せずに家でゆっくり映画鑑賞したいと思います。