幸和ダイアリー

歳の差の下限式・・・。

“年齢差” お相手探しでも男女ともに、とても気になる所だと思います。

当社のように真剣に結婚を考えている方のご紹介ですと、20代、30代、40代どの年代も女性は年齢差がない方を希望しておりますし、男性は年齢が上がるにつれ、若い方を希望します。 そこに大きな男女のミスマッチがおこります。

男性50代の初婚の方の結婚できる確率は10%未満と言われています。確率が低くなるのもこのミスマッチの影響もある様に思います。

 

 

また、ここ数年の当社でのご成婚カップルの年齢差を調べたところ、3.8(男性が年上、女性が年下)約4歳差になります。

また女性が年上のご成婚カップルは、男女とも35歳以下の場合は多いです。年齢が若い程、男女の年齢に対するミスマッチが少ないのがわかります。

 

年齢の差の下限はどのくらいなのでしょうか?

以前ある雑誌に掲載されていたのですが、「恋愛の対象として意思疎通が可能な年齢の下限」が、簡単な数式で紹介されておりました。

 

年齢÷2+7(歳)

たとえば、現在40歳の男性だったら、40÷2+7=27歳(お相手) になります。

 

この「+7(歳)」にはそれなりの根拠があるそうで、「恋愛は思春期から」と定義づけたうえで、思春期を14歳(中学2〜3年)に設定し、「14÷2+7=14」で、自分の年齢と恋愛対象の年齢が一致する年齢差として「7」という数字になるそうです。

あくまでも数式で、数式の下限の方と結婚できる人は稀だと思いますし、お相手があることです。

私が多くのカップルを見てきて、ベストな年齢差は上下5歳差位。 男女の年齢のミスマッチがない範囲の様に思います。

 

 

芸能界ダントツNo1年齢差カップルは、加藤茶さんの45歳差。。。 45歳になった時くらいにお相手が生まれた。。。驚異的ですね、

この数式の下限をはるかに超える結果です。その人の持つ+αの魅力で大きく年齢の下限、上限が変わるのも確かです。

 

 

友だち追加