会員様の声幸和ダイアリー

ジャムの法則・・・。

以前、ブログでお話させて頂いたジャムの法則に繋がるお話です。

ジャムの法則とは、

スーパーマーケットにおいて6種類のジャムと24種類のジャムを並べて買い物客の反応を調べるというもので、 普通は選択肢の数(種類の数)が多ければ顧客満足度が上がり、自分に見合ったものや好むものが見つかり購入に繋がると思われるところが、驚くべきことに売上は逆効果。。。品揃えの多い24種類のジャムが並べられていたブースでは買い物客の3%しか購入しなかった。6種類の少ない選択肢しか与えられなかった買い物客は、30%近くが買った。という実験。

結局24種類のジャムを並べた時は、6種類のジャムを並べた時の10分の1しか売れなかった。

 

5d1792acf2592dd9c6f074429b0c0111_s

 

お相手探しも同じで、人は選択肢が多いと決断できない。決断力が低下する。

 

リアルにジャムの法則ではないか?と思う男性会員さんの婚活があります。

昨年末まで東京在住だった男性さんですが、職場の異動で1月から群馬の支店に転勤になりました。(群馬出身の男性です)

東京でも2年婚活をされておりましたが、群馬の10倍以上の情報量がある中、お相手とお見合いになったのは、30人お申込みして、お1人お会いできるか?できないか?の確率。。。

そこにはお相手側(女性)の選択肢も同じくらいあり、東京と言うことでハイレベルを望む方も多かったのか?と思います。またご交際になっても長続きせず、情報が多い分ちょっと違いが見えただけで、簡単に次の出会いへ、そしてまた次、次・・・。お互いを知る前に交際が終了しておりました。

多くの男性の中のプロフィールでは目立たなかった男性さんですが、群馬に来て2月より婚活を始めたところ、女性からのお申し込みも数件あり、ご自身で3名の女性にお申し込みしたところ、2名よりお見合いOKのお返事が!現在その内のお一人の方とご交際に入っており、交際2カ月目に入りました。

 

ジャムの法則だ!と男性会員さんの出会いを通して強く感じました。男性さんがジャムに見えてきました!(苦笑)

 

 

選択肢が多い方がいいのか、少ない方がいいのか、これは一長一短あると思いますし、多い少ないではなく、大切なのは、選んでくれたことへの感謝と、選んだことへの自信と、ひとりひとり大切な人と言う気持ちで向き合うこと。なんだと思います。

出会いに限らず、今は選べる選択肢が多すぎて、逆にひとつを選べずに終わってしまう怖い時代、また選んでも後悔する時代、なのかも知れません
ちまたは物で溢れ、商品の種類も品数も豊富、買い物も仕事も結婚する?しない?も選ぶものが多くある中、迷い続けて決められない・・・。なかなか選べない、決断できない時代なのかも知れませんね。。。

 

花の名。。。

 

「あなたが花なら、たくさんのそれらと変わりないのかも知れない。

そこから一つを選んだ僕だけに唄える唄がある。あなただけに聴こえる唄がある。」